エルフからのお知らせ&ブログ

INFORMATION & BLOG

妊娠中の検診と帝王切開

健康管理

2017.6.12

今日未明に帝王切開で元気なトイプードルの赤ちゃんが産まれてきてくれました!


トイプードルの赤ちゃん トイプードルの赤ちゃん

お母さんは初産で身体も小さかったので、難産になる可能性もありましたが、飼い主様が早めに判断して病院に連れてきてくださり、問題なく産まれてきてくれました。

帝王切開が必要かどうかも含めて、妊娠中の検診を行なっておくと事前の準備ができたり、胎児の成長具合や元気さも確認できます。
人間のお母さんの検診と同じですね。


一般的には以下のような場合には帝王切開が必要です。

①陣痛が始まって2時間経っても産まれない
②陰部から緑の分泌物が出てきた
③前の子が産まれてから2時間経っても次の子が産まれない
④陰部から子宮や腟が出てきた
⑤出産予定日を大きく過ぎているのに産まれない

今回のような、いざという時のためにも産まれてくる前にしっかりと動物病院で検診を受けておきましょう!


母子ともに元気で、これからの成長が楽しみです。
これからお母さんは大変ですが、頑張ってもらいましょう!^_^


トイプードルの親子

よくあるご質問一覧へ
トップへ戻る